ソーラーパネルで環境貢献

地球環境に貢献

ソーラーパネルで地球環境に貢献

太陽光発電は発電時にCO2を出さないクリーンなエネルギーです。
ソーラーパネルを設置することで、どれくらい地球環境に貢献できるか見積もってみましょう。

ソーラーパネルの3.84kWシステムを設置すると

年間予想発電量はおよそ4,112kWhになります。これによる環境への貢献度は以下のようになります。

CO2排出年間削減量は1,293kg-CO2

これは、1年間ですぎの木を約92本分を植樹するのと同じ効果です。

石油消費年間削減量は約930L

つまり1年間で18L缶、約52缶分相当を削減できます。


日本のすべての一戸建て住宅の屋根に3.84kWkシステムを設置すると

年間予想発電量はおよそ575億kWhです。これによる環境への貢献度は下記のようになります。

CO2排出年間削減量は1,810万t-CO2

これは、1年間ですぎの木を約12.9億本分植樹するのと同じ効果です。

石油消費年間削減量は約130億L

つまり1年間で18L缶、約7.2億缶分相当を削減できます。


しかし、ソーラーパネルは製造時にエネルギーをしています。このエネルギーが大きければ結局環境に良いとは言えません。ところが、なんとソーラーパネルは設置後1-1.5年ほどで、製造時に使用したエネルギーを回収できます。この期間のことをエネルギーペイバックタイム(EPT)といいます。

このため、その期間を過ぎたあとはCO2を増やすことなく発電しているのです。

製造時のエネルギーもすぐに回収でき、CO2を出さない安全な発電機としてソーラーパネルは大注目されています。

価格比較で相場より安く設置する!

一括見積もりサイトを利用すると、一定基準をクリアした業者だけから見積もりをとることができ、価格や実績、アフターフォローが比較できます。見積り後のしつこい営業がないのも嬉しいです!
無料一括見積りの「タイナビ」


自宅情報を数分で入力するだけで、最大5社を比較し一番安い業者を見つけることができます。
太陽光発電の見積最大手のタイナビは、厳選された販売・施工業者のみが登録されていますし、利用者数が100万人以上、総施工実績も85200件と実績も多いため安心して利用できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ソーラーパネルの相場 安く買うコツ!! 何年で元が取れるか? ソーラーパネルの選び方 売電シミュレーション