ソーラーパネルで節電やピークシフトに貢献

節電・ピークシフトに貢献

ソーラーパネルで節電やピークシフトに貢献

最近よくニュースで、「今日の電気予報」などというのを目にされませんか?

原子力発電所の稼働率が落ちている現在では、日中のピーク時などの電力不足が懸念されています。特に夏場や冬場の、エアコンが必要な季節には一層の注意が必要とされています。2012年の夏、関西や九州地方で電力が不足するのでないか?という声も聞かれています。

そのため2011年の夏は多くの企業で、「サマータイム」が導入されました。あの取り組みがピークシフトのためだったのです。つまり、電力を使用する時間帯をなるべくずらすことで、昼間電力をなるべく使わないようにしたり、電気を使う時間帯をみんながずらすようにする取り組みのことです。

実は、太陽光発電はこのピークシフトに適した発電なのです。

ソーラーパネルは日中の太陽が出ているときにたっぷり発電します。そのため、1日のうちで最も電力が必要とされる昼から午後の時間帯に、余剰電力を電力会社に売ったり、電力会社から電気を買うことなく電気を使うことができます。電力会社の発電する電気を使わずに、また周辺のご家庭に電力を供給することすら可能なため、ソーラーパネルは節電やピークシフトに貢献することができるのです。

⇒ソーラーパネルの発電量が足りない分は買う
⇒必要な電力はソーラーパネルの発電分でまかない、余った電力は売る(売電)
⇒太陽が沈んだら電力を買う

これらのようにソーラーパネルは、地球環境節電ピークシフトといった社会問題の解決策としても期待されています。

価格比較で相場より安く設置する!

一括見積もりサイトを利用すると、一定基準をクリアした業者だけから見積もりをとることができ、価格や実績、アフターフォローが比較できます。見積り後のしつこい営業がないのも嬉しいです!
無料一括見積りの「タイナビ」


自宅情報を数分で入力するだけで、最大5社を比較し一番安い業者を見つけることができます。
太陽光発電の見積最大手のタイナビは、厳選された販売・施工業者のみが登録されていますし、利用者数が100万人以上、総施工実績も85200件と実績も多いため安心して利用できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ソーラーパネルの相場 安く買うコツ!! 何年で元が取れるか? ソーラーパネルの選び方 売電シミュレーション