ソーラーパネルに必要な機器

ソーラーパネルに必要な機器

ソーラーパネルの構成機器

ご家庭で太陽光発電を行うためには、どんなものが必要なのでしょう?ここでは、ソーラーパネルの構成をご紹介します。

ソーラーパネルに必要な機器


太陽電池

ソーラーパネルの要である太陽電池は、光を電気に変換する半導体です。「太陽電池セル」は10〜15cmほどの正方形をしております。これが一枚だけですと、発電量が小さいためこれを複数個つなげて太陽電池を作っていきます。太陽電池の「変換効率」という言葉をよく耳にされるかもしれませんが、これは太陽電池セルの光を電気にかえる効率が大きな影響を与えます。

「太陽電池セル」をパッケージ化して使いやすくしたのが、「太陽電池モジュール」です。太陽電池モジュールは日光や風雨にさらされるため、表面を強化ガラスで覆い、バックシートには変色や劣化を起こしにくい耐候性フィルムなどを用います。また隙間を埋める透明樹脂などの耐水性も十分に確保するなどの工夫を凝らしています。そのため、太陽電池モジュールは20〜30年という高い耐久性を持ちます。

この太陽電池モジュールを直列や並列につなげていったものが、「太陽電池アレイ」と呼ばれています。モジュールを数多くつなげてアレイを構成することで、発電量を多くすることができます。

ソーラーパネルに必要な機器

接続箱

太陽電池(アレイ)は、実際には複数のモジュールを直列や並列につなぎ合わせた形(アレイ)で用いられます。この際、複数の出力回路を1本にまとめてパワーコンディショナーに送るのが接続箱の役割です。

パワーコンディショナー

太陽光モジュールで発電した電気は直流電流ですが、それを家庭で使える交流電流に変換する機能(インバータ機能)が必要です。これを行うのがパワーコンディショナーの役割です。

パワーコンディショナーは、電圧や周波数を一定にし、電気の品質を保つ機能、太陽電池の発電量が少ないときには電力会社の電力網から電気を取り入れ、発電量が多いときには電力会社の電力網に余剰電力を流すといった入出力の調整機能を持っています。

これがなければ、ご家庭で発電した電気を使うこともできませんし、電力会社に電気を売ることもできないので、非常に重要な機械ということができます。

分電盤

漏電が発生したときに全体の回路を遮断する漏電ブレーカーと、各回路ごとに設定以上の電流が流れたときに回路を遮断する安全ブレーカーからできています。系統連携型システムに用いられている分電盤は、太陽電池側(コンディショナー側)にもブレーカーがついているのが特徴です。また、パワーコンディショナーから送られてきた電力を家庭内の電化製品に振り分ける役目を担っています。

電力量計

分電盤と電力会社の電力網の間には、電力量計が設置されています。ソーラーパネルを設置していないご家庭にも、電力網から供給される電力を計測するための電力量計が設置されていますが、系統連携ではこれに加えて、ソーラーパネルから電力網に流れる(売電する)余剰電力を計測するための、逆潮流電力計が設置されます。売電の際には、この電力量計の表示にしたがって計算されるため、電力網への系統連携を電力会社に設置する際には、電力量計の固体番号などの情報も必要になります。

価格比較で相場より安く設置する!

一括見積もりサイトを利用すると、一定基準をクリアした業者だけから見積もりをとることができ、価格や実績、アフターフォローが比較できます。見積り後のしつこい営業がないのも嬉しいです!
無料一括見積りの「タイナビ」


自宅情報を数分で入力するだけで、最大5社を比較し一番安い業者を見つけることができます。
太陽光発電の見積最大手のタイナビは、厳選された販売・施工業者のみが登録されていますし、利用者数が100万人以上、総施工実績も85200件と実績も多いため安心して利用できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ソーラーパネルの相場 安く買うコツ!! 何年で元が取れるか? ソーラーパネルの選び方 売電シミュレーション