ソーラーパネルのトレンド

ソーラーパネルのトレンド

黒、高効率、充電とソーラーパネル

●黒色の太陽電池モジュール
最近では、屋根に調和した「かっこいい」デザインとなるようなソーラーパネルが開発されています。特に主流となっているのが、「黒」色(またはそれに近い色)の太陽電池モジュールです。シャープやソーラーフロンティアなどのメーカーが発売しております。

●高効率ソーラーパネル
結晶系のモジュールで特に高効率なものが発売されております。特に東芝、パナソニックのモジュールが高効率です。狭い屋根で大きく発電しようとした場合に、こういったモジュールをお勧めできます。しかし高効率な分、価格は高い傾向にあります。
またモジュールだけでなくパワーコンディショナーも高効率なものが出ています。特に三菱のパワーーコンディショナーが高効率です。

●自立運転
ほとんどすべてのメーカーで、停電時にソーラーパネルでの自家発電が可能となっています。これはパワーコンディショナーが自立運転に対応してきているためです。電力不足の際や災害時など「何か」あったときの電源として利用可能です。

●蓄電池システム搭載
これまでのソーラーパネルは、蓄電システムは基本的についていませんでした。そのため、夜間や雨天時は電力会社から電力を買うしかありませんでした。しかし、2012年パナソニックや京セラなどのメーカーから蓄電池システムの販売の発表がありました。

これによって、太陽電池の使い方の幅が広がることになるでしょう。ただし、現状では100万円程度と高価格なものであるようです。また、スマートハウスなどといって、電気自動車のバッテリーを蓄電池代わりに使うようなシステムも考案されています。

●電気自動車充電設備
ソーラーパネルとは直接関係しませんが、電気自動車用の充電スタンド、コンセントなどの設備もよく目にするようになって来ました。将来的には電気自動車、ソーラーパネルなどといったものが主流になっていきそうですね。

価格比較で相場より安く設置する!

一括見積もりサイトを利用すると、一定基準をクリアした業者だけから見積もりをとることができ、価格や実績、アフターフォローが比較できます。見積り後のしつこい営業がないのも嬉しいです!
無料一括見積りの「タイナビ」


自宅情報を数分で入力するだけで、最大5社を比較し一番安い業者を見つけることができます。
太陽光発電の見積最大手のタイナビは、厳選された販売・施工業者のみが登録されていますし、利用者数が100万人以上、総施工実績も85200件と実績も多いため安心して利用できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ソーラーパネルの相場 安く買うコツ!! 何年で元が取れるか? ソーラーパネルの選び方 売電シミュレーション