ソーラーパネルのデメリット

ソーラーパネル4つのデメリット

ソーラーパネル4つのデメリット

ソーラーパネルの価格が高い

ソーラーパネルの価格は近年かなり安くなってきました。とは言え、現在も車1台分よりも少々高いくらいの値段です。この価格が導入するかしないかで悩む一番のポイントですね。
しかし、国や都道府県、市区町村などから導入補助金があったり、発電した電力を売ること、また使用することで、経済的なメリットも出てきそうです。

この重要なお金に関することも色々調べておりますので、ご覧ください。

「ソーラーパネルを価格を抑える方法」
「太陽光発電の補助金制度」
「太陽光発電で電気料金をお得に」
「ソーラーパネルで売電収入を得る」


天候により発電量が左右される

ソーラーパネルは日光が当ることで発電するものですので、発電量が天候に左右されます。しかし、曇りでも全く発電しないわけではないようでして、数十%発電するようです。また、ソーラーパネルは暑さに弱いのですが、暑さに強いソーラーパネルも販売されているようです。

「ソーラーパネルのメーカー別 製品情報」


発電密度が低い

ソーラーパネルは設置面積あたりの発電量がそう大きくはありません。つまり、広い屋根に多く設置することができれば、それだけ発電量が増えることになります。では狭い屋根ではだめなのか、ということになりますが、発電効率の高いパネルを設置することで、屋根の狭さをカバーすることができます。ソーラーパネルの種類によって価格もかわってきますので、ご自宅にはどのタイプのパネルが合うのかとお見積りの際にご相談ください。

「ソーラーパネルのメーカー別 製品情報」


蓄電池を設置しなければ蓄電できない

ソーラーパネルは基本的に蓄電できない構造となっております。そのため、電気を貯めておくことができません。しかし、夜間など日射のない時には電力会社から電力を買うことができます。しかも、オール電化のお得な電気料金プランを適用すれば、夜間の電気料金は通常よりも安くすることができます。

「太陽光発電で電気料金をお得に」

価格比較で相場より安く設置する!

一括見積もりサイトを利用すると、一定基準をクリアした業者だけから見積もりをとることができ、価格や実績、アフターフォローが比較できます。見積り後のしつこい営業がないのも嬉しいです!
無料一括見積りの「タイナビ」


自宅情報を数分で入力するだけで、最大5社を比較し一番安い業者を見つけることができます。
太陽光発電の見積最大手のタイナビは、厳選された販売・施工業者のみが登録されていますし、利用者数が100万人以上、総施工実績も85200件と実績も多いため安心して利用できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ソーラーパネルの相場 安く買うコツ!! 何年で元が取れるか? ソーラーパネルの選び方 売電シミュレーション