ソーラーパネル 初期費用内訳

ソーラーパネルの初期費用内訳

ソーラーパネルの初期費用内訳

ソーラーパネルの見積り価格の中には、主に下のようなものが含まれております。
例として、3.2kWのソーラーパネルを購入した際の初期費用の内訳について見てみましょう。

例).ソーラーパネルの全価格(3.2kW)
項目 内訳 内訳 金額

支出(計)

171万円
1.太陽電池モジュール費用(計) 内訳は下のとおり (140万円程度)

太陽電池モジュールの価格

(定価)

(200万円程度)

周辺機器:パワコン、接続箱など

(定価)

(80万円程度)
値引き(上記があらかじめ値引かれている場合もあります) (-140万円程度)
2.工事費用 配線・取付費用など (30万円程度)
3.各種申請費用 電力会社・補助金申請など (1万円程度)

収入(計)

国・都道府県・自治体からの補助金の合計額

(お住まいの地域、年度によっても異なります)

9.6万円程度

総支払額

約160万円

(ワット単価:50万円) 



上の表のように、ソーラーパネルの初期費用の内訳として、支出としては、ソーラーパネルの費用、パワコンなどの周辺機器の費用、工事費用、各種申請費用が上げられます。また、見積もりでは値引きが入る場合と、予め値引きされた額で見積もりが出る場合があります。

収入としては、補助金(国・都道府県・地方自治体からの補助金)があります。見積もりにも記載されていると思います。

ここで重要な点としては、最終的な提示された初期費用の価格が相場と比べて妥当かという点と、工事代金などを含め必要なものが全て含まれているかという点を確認することです。

追加で必要なものはないか、他の業者に比べて安いかどうかを必ず確認しましょう。

価格比較で相場より安く設置する!

一括見積もりサイトを利用すると、一定基準をクリアした業者だけから見積もりをとることができ、価格や実績、アフターフォローが比較できます。見積り後のしつこい営業がないのも嬉しいです!
無料一括見積りの「タイナビ」


自宅情報を数分で入力するだけで、最大5社を比較し一番安い業者を見つけることができます。
太陽光発電の見積最大手のタイナビは、厳選された販売・施工業者のみが登録されていますし、利用者数が100万人以上、総施工実績も85200件と実績も多いため安心して利用できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ソーラーパネルの相場 安く買うコツ!! 何年で元が取れるか? ソーラーパネルの選び方 売電シミュレーション