ソーラーパネルで売電収入を得る

ソーラーパネルで売電収入を得る

ソーラーパネルで売電収入を得る!

ソーラーパネルで発電した電気は、まずご家庭で消費されますが、余った分は電力会社に売る(売電)ことができます。平成24年度であれば1kWhあたり38円で買い取ってもらうことができます。この価格は10年間固定ですので、導入後10年間は38円で買い取ってもらうことができます。

しかしこの買取制度、徐々に減額が予定されておりますので、契約される年度によって買い取り金額や制度が変わってきます。最新の情報を知っておかなければ、ソーラーパネルを導入することで、いくら売電収入が得られるかを見積もることができません。

また、この売電価格、通常のわれわれが買っている電気の単価よりも大きいことに気づかれたでしょうか?
現在、太陽光発電を普及させるために積極的な国の取り組みがなされています。それによって、ソーラーパネルを設置される方にメリットがあるような制度が組まれております。この高い売電単価をうまく利用することで、ソーラーパネルの初期投資の回収を早め、地球にも家計にも優しい生活をしていきましょう。

詳細は下のページをご覧下さい。

ソーラーパネルで売電収入を得る記事一覧

余剰電力買取制度の仕組み

ソーラーパネル余剰電力買取制度の仕組み余剰電力買取制度とは、ご家庭のソーラーパネルで発電した電力の内、ご自身で使わずに余った電力(余剰電力)を、全国一律に決められた買取価格で10年間電力会社に売ることができるという制度です。2014年度に申込みが完了した場合、買取価格は1キロワット時あたり37円でし...

≫続きを読む

 

ソーラーパネルの発電・売電シミュレーション

ソーラーパネルを設置することで、「どれくらい発電できるのか?」、「どれくらいお金を稼ぐことができるのか?」というのは非常に気になる点ではないでしょうか。まず、太陽光発電の発電量は、ソーラーパネルにどれだけの日光があたるか、つまりお住まいの地域でどれだけの日射量があるか、晴れの日が多い地域かどうか、な...

≫続きを読む

 

ソーラーパネルの発電量はどうしたら増えるの?

ソーラーパネルの発電量は、太陽電池がどのくらいの電力を発生するのかを示すもので、日射量や気温、設置角度などさまざまな条件によって変わります。式で表すと下のようになります。ソーラーパネルの発電量       =(@ソーラーパネルのシステム容量)×(A日射量)×(B損失係数)発電量を増やすには、これら三...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
ソーラーパネルの相場 安く買うコツ!! 何年で元が取れるか? ソーラーパネルの選び方 売電シミュレーション