ソーラーパネル オール電化住宅とは

ソーラーパネル <オール電化住宅とは>

オール電化住宅とは

オール電化住宅とは、住宅内のすべてのエネルギーを電気でまかない、ガス、石油などといった電気以外のエネルギーを使用しないものです。オール電化住宅でないお住まいであれば、電気でテレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機などといった電化製品を動かし、料理のためのコンロやお風呂や給湯器のために都市ガス(またはプロパンガス)を利用します。

さらに冬には灯油でストーブやファンヒーターといった暖房を動かしています。しかし最近のオール電化住宅では、深夜電力で湯を沸かすエコキュートと呼ばれる電気給湯器を使い、コンロにはIHクッキングヒーターを採用しているのが大きな特徴です。

近年、大幅な省エネ効果と経済性を兼ね備えたエコキュートの登場と、IHクッキングヒーターの安全性と清潔さが主婦層に人気があることから、オール電化住宅が普及しているようです。新築戸建注文住宅に限ってみると、オール電化を対象とした住宅ローンの金利優遇措置も後押しし、平成20年の一年間では70%弱がオール電化を導入しているという調査結果があるようです。

ほとんどのご家庭で導入し始めているということですね。さらに分譲マンション、賃貸住宅、リフォームでの導入件数もどんどんと増えてきているようです。オール電化住宅にお住まいの方の満足度を調べると、経済性、快適性、安全性といったところで高い評価を得ているようです。

安い深夜電力を利用する経済性

オール電化は家庭のエネルギー消費の40%弱を占める給湯を、電気料金の安い深夜電力でまかなうため、導入家庭の平均電気代が月1万4千円と、ガス・電気併用時にくらべて安くなるとされています。

掃除が簡単な快適性

快適性については、とくにキッチンにおけるIHクッキングヒーターの快適性がオール電化住宅の特徴といえます。ガス燃焼時の不快なにおいが発生しない。また油煙が広がりにくく、室内がよごれにくい。

さらにコンロが平らなためお掃除が簡単。いちいちコンロを持ち上げて掃除をしたり、隙間に入ったごみをとるのに苦労しません。また、加熱のコントロールがしやすい、燃焼に伴う水蒸気が発生しないので、湿気を抑えてカビや結露が発生しにくいという特徴があり、主婦に大変人気があります。

火を使わない安全性

転倒による火災発生の危険性が少ない、ガス漏れによる爆発事故の恐れがない、火による火災が防止できるといった特徴があります。そのため、幼い子供や高齢者がいる家庭で、オール電化のニーズが高まっています。


オール電化を検討するうえで、停電の影響を検討しておくことは重要です。すべてのエネルギーを電気に頼るオール電化住宅では、停電の影響が大きく、IHクッキングヒーターや給湯システムの使用が不可能になります。しかし、日常的な軽度な停電は長引くことなく、また頻度も高くないようです。

また、阪神・淡路大震災の際には、ガスや水道などのライフラインの中で、電気が圧倒的に早く復旧したという報告があります。さらにその際、電気温水器に貯蔵されていた水が飲料や、洗面用などとして利用されていたこともわかり、非常時での活用という意味でもよいのかもしれません。

価格比較で相場より安く設置する!

一括見積もりサイトを利用すると、一定基準をクリアした業者だけから見積もりをとることができ、価格や実績、アフターフォローが比較できます。見積り後のしつこい営業がないのも嬉しいです!
無料一括見積りの「タイナビ」


自宅情報を数分で入力するだけで、最大5社を比較し一番安い業者を見つけることができます。
太陽光発電の見積最大手のタイナビは、厳選された販売・施工業者のみが登録されていますし、利用者数が100万人以上、総施工実績も85200件と実績も多いため安心して利用できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ソーラーパネルの相場 安く買うコツ!! 何年で元が取れるか? ソーラーパネルの選び方 売電シミュレーション