ソーラーパネルの施工・設置の流れ

ソーラーパネルの設置、施工について

ソーラーパネル 設置・施工の流れ

ソーラーパネルには、屋根置き型屋根材型がありますが、ここでは、一般的な屋根置き型を例に、系統連携型のソーラーパネルの施工の流れをご紹介いたします。

なお、施工の前には電力会社への連絡や、系統連携の申請、系統連携開始前には電力需給契約などを行う必要があります。

何やら難しそうですが、販売店にお願いすれば(もしくはお金を支払えば)、主な手続きは代行してくれることもありますので心配ありません。

設置場所の確認と調査
屋根と建物が、取り付け後の荷重(風圧、積雪などの影響を含む)に耐えられる構造と強度であることを確認します。なお、荷重の基準は建築基準法によって定められています。この段階で不向きと判定されれば、構造の補強などの処置が必要です。

次に屋根の向きと周囲の環境(日照条件)を確認します。設置場所は原則として南向きで、日当たりがよく、周囲に影をつくる障害物のない場所を選びます。

架台の設置
強度に問題がなく、設置場所も決まれば、太陽電池モジュールを取り付けるための架台を設置します。架台や設置のための支持金具は、屋外での長期間の仕様に耐えうる素材で作られています。その後、架台に太陽電池モジュールを取り付けていきます。

パワーコンディショナーや分電盤、電力量計等の設置
続いて、各システムに必要な機器を適切な場所に設置します。系統連携の場合、分電盤は太陽電池側と電力網側の両方にブレーカーのついた専用の分電盤を使用し、売電を行う場合には買電用と売電用の2つの電力量計が必要です。

配線工事・竣工工事
最後に、各機器の間および屋内配線や電力網をつなぐ配線工事を行い、竣工検査や系統連携の試験を行った後に運転が開始されます。


<ソーラーパネル施工当日の流れ>
ソーラーパネルの工事は、販売窓口となった業者によってなされます。「シャープ」や「京セラ」などといったソーラーパネルメーカーの教育や認定を受けた業者によって行われることが一般的です。また、屋根の形状や種類、ソーラーパネルの種類によって、ソーラーパネルの取り付け工法が異なります。

現地調査の後に、概ね2日ほどの日程で屋根上の工事が行われます。足場を組む場合にはさらに前後一日ずつが必要です。また工事の規模などにもよりますが、数名の職人さんが来られます。

●1日目:太陽光発電パネルを設置するための架台を取り付け作業
・屋根上での架台設置工事

●2日目:太陽光パネルの設置と配線工事
・パネルの設置
・屋根上での配線
・パワーコンディショナーまでのケーブルおよびアース線を配線
・瓦上げ機で太陽光パネルを一枚ずつ屋根上に上げる
・パネルとパネルをつないでいき、架台に固定する。ケーブルを配線。
・軒先と棟側にカバーをつける
(室内の配線)
・カラー電力モニター、太陽光専用ブレーカーの位置決め
・配線作業
(戸外の配線)
・パワーコンディショナーの設置
・配線作業

売電メーターは後日、電力会社が設置に訪れます。売電メーターが設置された後、施工業者が太陽光発電の動作確認に訪れます。いよいよ、発電開始!

価格比較で相場より安く設置する!

一括見積もりサイトを利用すると、一定基準をクリアした業者だけから見積もりをとることができ、価格や実績、アフターフォローが比較できます。見積り後のしつこい営業がないのも嬉しいです!
無料一括見積りの「タイナビ」


自宅情報を数分で入力するだけで、最大5社を比較し一番安い業者を見つけることができます。
太陽光発電の見積最大手のタイナビは、厳選された販売・施工業者のみが登録されていますし、利用者数が100万人以上、総施工実績も85200件と実績も多いため安心して利用できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ソーラーパネルの相場 安く買うコツ!! 何年で元が取れるか? ソーラーパネルの選び方 売電シミュレーション