ソーラーパネルのメンテナンス価格・費用

ソーラーパネルのメンテナンスについて

ソーラーパネルのメンテナンスについて

ソーラーパネルは基本的にメンテナンスいらずとされていますが、実態調査では1割以上のユーザーさんが、何らかの不具合で太陽電池モジュールやパワーコンディショナーの修理や交換を行っていることがわかっているそうです。

設置後10年以内に太陽電池モジュールの一部あるいは全部を交換したケースが13%。10年以内にパワーコンディショナーの部品あるいは全部を交換したケースが17%あったという調査報告もあります。不具合の原因は、メーカーの製造上の問題や施工業者のミスによるものなど様々ですが、やはりある程度の定期点検やメンテナンスは必要ということでしょう。

ソーラーパネルは原理的にはメンテナンスいらずなのですが、ちょっとしたはずみでケーブルがはずれたり、太陽電池が破損したり、汚損やほこり、鳥の糞などによる受光障害がありうるため、運用上は完全にメンテナンスいらずというわけにもいかないようです。

(しかし20年近くほとんどメンテナンスせずにきちんと働いているソーラーパネルもあるそうで、そこは周りの環境などによっても変わってきそうです)。

そこで、ソーラーパネルを効率的に運用するためには、設置業者などが提出する推定発電量と、実際の発電量を比較して発電状況をまめにチェックするなど、定期的なソーラーパネルの診断が必要です。「最近発電量が落ちてきた」と感じたら、故障などの可能性がありますので、販売店に連絡を取るようにしたほうがよいようです。

また、それぞれのメーカーでは独自の保証制度を設けております。メーカーによってもサポート内容やサポート条件は異なりますが、10年程度の保証期間を設けているところが多いようです。詳細は、【メーカー別サポート比較】をご覧ください。

また周辺機器、特にパワーコンディショナーの寿命は、10〜15年ほどですので、定期メンテナンスや場合によっては交換が必要なこともあります。こちらの修理・交換費用が、十数年に1度入ってくると考えておくのが無難かと思います。

ソーラーパネルのメンテナンスに関して

1.メーカーの保証を受けられるように契約する
2.こまめに発電モニターをチェックする

価格比較で相場より安く設置する!

一括見積もりサイトを利用すると、一定基準をクリアした業者だけから見積もりをとることができ、価格や実績、アフターフォローが比較できます。見積り後のしつこい営業がないのも嬉しいです!
無料一括見積りの「タイナビ」


自宅情報を数分で入力するだけで、最大5社を比較し一番安い業者を見つけることができます。
太陽光発電の見積最大手のタイナビは、厳選された販売・施工業者のみが登録されていますし、利用者数が100万人以上、総施工実績も85200件と実績も多いため安心して利用できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ソーラーパネルの相場 安く買うコツ!! 何年で元が取れるか? ソーラーパネルの選び方 売電シミュレーション