ソーラーパネルの見積りから設置まで

ソーラーパネル 見積もりから設置までの流れ

ソーラーパネルの見積もりから設置、修理までの流れ

ソーラーパネルの導入までの期間は約二ヵ月半が目安となっているようです。それよりも短い期間で、導入されておられる方も多数おられますが、余裕を持って準備されると安心ですね。下にはその流れと注意点を示しております。

情報収集
本サイトなどでソーラーパネルの相場や、ソーラーパネルの種類などいった、ある程度の知識をつけておきましょう。また、ご自宅の屋根形状、方角等の情報は見積もり時に必要となることがありますので、探しておくとよいでしょう。

一括見積り(相見積もり)
概ねソーラーパネルについて理解でき、購入の検討を始められる方は、次に複数の見積もり取得を行います。

これをやるとやらないでは、数十万円単位の価格差が出てくることがありますので、ソーラーパネルを安く購入されたい方にはおすすめです。

>>ソーラーパネルのご一括見積りサイトはこちらから

簡易見積りを行った場合、数社から見積り結果の連絡がきます。気になる販売店があった場合は現地調査を依頼しましょう。(詳細は実際に見てもらわないとわからない点もあるので、購入前の最終段階では現地調査が必要になります。)

現地調査、カウンセリング
ご自宅に適したシステムを提案してもらいます。また、そのシステムでどれくらい得できるのかシミュレーションもしてもらいましょう。また下の点も確認しておきましょう。その際、気になった点、わからない点はどんどん質問しておきましょう。

□ ソーラーパネルの価格
□ ソーラーパネルのメーカー
□ 年間発電量予測
□ 初期費用回収期間
□ 補助金額

ソーラーパネルの価格なども重要ですが、販売店の対応も注意しておきましょう。今後長いこと付き合っていきますので、この時点で、対応が悪い業者はふるい落としましょう。その後、最終的な見積書を提出してもらいます。
販売店の選定が重要なポイントになります。ソーラーパネルの価格は販売店間での差が最も大きいとも言われていますので、一括見積りなどで数社比較した後、対応を含めてよいところを選びたいです。

ご契約、ご注文
完全に納得できてからご契約下さい。売買電料金の振込口座の指定、保証の登録、「電力系統への発電設置の連系に関する申込」、「オール電化の申込」、「補助金の申請手続き」(→補助金の申請は施工業者が代行してくれる場合が多い)などを必要に応じて行います。

設置工事、完成検査、電力会社との売電契約
工事期間は2日くらいです。また電力会社との売電契約は販売店が代行してくれることが多いです。(参考:ソーラーパネルの施工・設置工事


システム運用開始、設置後1年点検など
いよいよ発電開始です!!保証書が発行されますので、大事に保管しましょう。また、長く使うためにも定期点検を行ってもらいましょう。また、そのような定期点検は保証の要件となっているところもあるようです。

発電量が出ないなどの問題があれば、販売窓口やメーカー窓口などにすぐ連絡しましょう。どんどん発電してエコや家計への貢献にお役立て下さい。(参考:ソーラーパネルのメンテナンス

価格比較で相場より安く設置する!

一括見積もりサイトを利用すると、一定基準をクリアした業者だけから見積もりをとることができ、価格や実績、アフターフォローが比較できます。見積り後のしつこい営業がないのも嬉しいです!
無料一括見積りの「タイナビ」


自宅情報を数分で入力するだけで、最大5社を比較し一番安い業者を見つけることができます。
太陽光発電の見積最大手のタイナビは、厳選された販売・施工業者のみが登録されていますし、利用者数が100万人以上、総施工実績も85200件と実績も多いため安心して利用できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ソーラーパネルの相場 安く買うコツ!! 何年で元が取れるか? ソーラーパネルの選び方 売電シミュレーション